外国型ストラクチャー(建物)のリストを開く

車両(車)キットのリストを開く

Kibri 山小屋Kibri 山小屋

ストラクチャーとは Structure (建造物・建築物)の事で一般のモデラーでは聞きなれない言葉かもしれませんが、鉄道模型の世界ではレイアウトに必要不可欠のものとして広く知られています。

レイアウトとは鉄道模型の場合 Layout (計画、地取、配置)という言葉から来ているように箱庭(というほど小さくなく部屋1杯に)の様なものに線路を敷設し、建物を配置して列車を走らせる場所(物)を指します。

日本ではNゲージにおいてプラスチック成型によるストラクチャーの完成品やキットが沢山出てきましたが、それらのキットの大多数が塗装を必要(後述)とします。

16番・HOにおいてのストラクチャーキットは木の素材などをカットして作るというアメリカ型に多いクラフトキットが極く僅かにあるだけです。

それらのクラフト的なキットは工作技術を要し、彩色センスもより重要になります。

なによりも工作時間が一番必要とします。 確かにそれに見合った出来栄えで素晴らしいものになるのですが…….. 

Vollmer 幽霊屋敷Vollmer 幽霊屋敷 各種ストラクチャー各種ストラクチャー Faller 遊園具 (電機自動車)Faller 遊園具 (電機自動車)

主体はプラ製キットで、要はプラモデルなのですが大半は塗装を必要としません。

屋根、壁、窓などとモールド別に色分けして成型されているからです。

そのまま組み立てるだけでカラフルな建物が完成するわけです。勿論さらに着色してもより良くなるでしょう。ニッパーやカッター、接着剤だけで手軽に作れます。

キット内容 (Kibri)キット内容 (Kibri)

この手軽に組み立てるキットは今まで基本的に鉄道模型要だけと考えられていましたが、それ単体の飾りとしてチャレンジしては如何でしょうか?

童話で有名なアンデルセンの家やケンタッキーフライドチキンショップロマンチック街道の街々等魅力ある建物が沢山あります。勿論ミニカーと合わせても、またプラモデルのジオラマなどにも流用可能です。

さらにはPreiser 社などの人形を合わせるとさらに躍動感が生まれるでしょう。

アンデルセンの家 (Heljan)

アンデルセンの家 (Heljan)

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキン

ロマンチック街道シリーズ (Vollmer)

ロマンチック街道シリーズ (Vollmer)

Pola 火事になった家 キット本体

Pola 火事になった家 キット本体

Pola 火事になった家 人形・車を配置

Pola 火事になった家 人形・車を配置

Pola 火事になった家の内部

Pola 火事になった家の内部

またKibri社からは建設用の車輌を中心に色々な産業用の車のキットが発売されています。これらも塗装は不要です。

他に類を見ないキットで大変面白いので是非一度チャレンジしてみて下さい。

クレーン車 (Kibri)

クレーン車 (Kibri)

 


ストラクチャーのメーカーは各社共色々なスケールの製品を発売しています。
以下、主な種類・スケールなどを説明します。

Zゲージ 1/220 NOCH (ノッホ)社などのミニカーにマッチします。
Nゲージ 1/160 Wiking (ヴィーキング) 社などのミニカーにマッチします。
HOスケール 1/87

一番種類が多いです。 herpa (ヘルパ), Wiking (ヴィーキング), Bush (ブッシュ)社等からミニカーにマッチします。

またオーストリーの Roco (ロコ) 社からはミリタリー車輌が沢山発売され共用できるでしょう。

また若干小さめになりますが、1/72のAFVや飛行機等のジオラマにも活かせるかもしれません。

Oスケール 1/48

1/48というのははアメリカ製品のスケールで、イギリス製品は1/43.5ですし、ヨーロッパや日本型は1/45になります(飽くまでも鉄道模型の世界内)。

世界的に主流な1/43のミニカーなどにマッチングしますし、1/48の飛行機のプラモデルなどのジオラマ (情景)モデルに利用しては如何でしょうか?

このスケールのストラクチャーはまだ少ないですが小物類(機械や工具、小間物類)は充実しております。

ガレージなど内装の凝ったジオラマなどは如何でしょうか?

Gゲージ 1/22.5

LGB社のこのサイズの鉄道模型は庭などでも運転可能ゆえ、POLA社のこのサイズのストラクチャーは全天候型となっています。

1/24のミニカーやプラモデルの脇にデンと置いといてはどうですか?

上記のスケールとゲージについては複雑な面があります。

興味のある方は スケールについてへどうぞ。