素材と言っても色々ございますが、かつてはプラモデルでは精々タミヤのプラ板程度でしたが、現在では色々と入手できます。  海外では早くから色々なサイズにカッティングしたプラ素材が販売されていましたが、日本ではまだ需要がなかったのか、それとも知られていなかったのか、 本格的には輸入されませんでした。

現在では実物について色々な資料を手軽に入手できるようになりました。 それにともなってキットをさらに加工・改造する方も多くなり、需要としてそれらプラ素材 (エバーグリーン等) が輸入されることになりました。

鉄道模型の世界では古くから、スクラッチビルド(素材からの製作)のために各種素材が販売されてきました。

昨今のプラモデルでは、各自のオリジナル性・強度・重量感・細密性等を高めるため、各社からコンバージョンキットやパーツとして金属の素材を使用した製品が発売されていますが、キットにすら最初か ら入った製品もございます。

また総てメタルというキットもございます。そのため金属という素材にも見慣れ、そして手にも馴染まれてきているかと思いま す。そこで、他の分野ではごく当たり前でも、余り目にしなかったたような素材も活用してみてはいかがでしょうか?

金属素材には一般的には真鍮(しんちゅう)が中心で、線材 (0.1φ~)・帯材 (厚さ0.1t x ~)・角材・パイプ (内径なんと 0.1φ~)・アングル (L字型の部材)・チャンネル (コの字型の部材)等がございます。 また網目板 (真鍮板の表面に網目模様をエッチング加工で表現したもの) や 木目板 (同様に木目を表現したもの)などもございます。 プラだけでは表現できない個所や強度を必要な場所に使ってみてはどうでしょうか?

その他、割ピン (配管などのステーに)・六角ボルト (実際に締めれるようネジの切ってあるものもございます)・細密チェーン (0.25φ)・ユニオン (パイプなどの継目に)・メッシュ (金網)等や、輸入品の鉄道模型パーツの中にも色々と流用できるものがございます。 輸入品には Walthers のカタログをご参照 (アメリカ型の鉄道模型が中心ですがパーツ・素材は様々載っております)下さい。

金属素材

プラ素材

その他